スチール表面仕上

クロムメッキ

クロムメッキ下地にニッケル、仕上げにクロムを使用した代表的な装飾メッキ。耐久性、耐候性に優れ、キズやサビから金属を保護するとともに清潔感、精緻さ、質感で金属の特性をより高める効果をもっています。

ホワイトブロンズメッキ

ホワイトブロンズメッキ下地にニッケル後、パールニッケルでつや消し加工を施し、クロムで仕上げるメッキ法。特性はクロムメッキとほとんど同じですが、ホワイトブロンズメッキの場合は、層が厚いので反射が少なく、重厚感があります。

メタリック塗装

メタリック塗装アクリル樹脂とアルミ片を静電塗装し、焼付けて定着させる塗装法です。2 ~ 3 回塗り重ねることにより塗装膜が形成され、光の明暗により曲面部分の立体感や、深みのある透明感が演出されます。

静電粉体塗装

静電粉体塗装静電気と空気圧を利用して塗料を付着させた上、加熱硬化させる塗装法で0.1~0.3mm 程度の膜厚をもちます。隅や内部にも容易に塗装ができ、また耐候性にもすぐれていることから、パイプイスやガーデンチェアによく用いられます。

メラミン樹脂焼付塗装

メラミン樹脂焼付塗装メラミン樹脂を高温(. 180℃)で加熱硬化させる塗装法で、硬度が高く、塗膜も厚いためにキズがつきにくく、耐熱性にもすぐれています。ただ、耐候性にやや難があり、屋外ではあまり使用されません。


このページのトップへ